仕組みとは

和食

高血圧になることで得られるメリットはないでしょう。基本的に血圧は運動や食事を取った後は上昇します。血圧とは、心臓が血液を身体に送る際の圧力のことです。この圧力が正常値よりも高い状態が常態化してしまうと高血圧と呼ばれます。リラックスしている状態で血圧が高くなることで、運動や食後に血圧が多少高くなってしまっても得には問題ないのです。心臓は身体中の血管に血液を送るためにポンプのような役割りを担っています。一般的に運動などすると、身体中に酸素を配給する必要があるので血圧が高くなってしまうのです。一時的に血圧が高くなっていることを高血圧とは呼びません。血圧が常時高い状態が続くと、動脈硬化などのリスクが高まってしまいます。基本的に血圧には拡張期血圧と収縮期血圧があり、一般的には下や上と呼ばれているでしょう。この血圧の値が高くなっている状態が続いているのが高血圧なのです。放置しておくと、動脈硬化や脳卒中などの重大な病気を引き起こしてしまうので危険でしょう。動脈硬化などで劣化した血管が破れてしまうことがあります。血液がドロドロになってしまうと高血圧のリスクも高まってしまうでしょう。ドロドロになり、流れが悪くなった血液を身体中に送り届けるには高い圧力を掛けなければいけないからです。サラサラの血液ならそれほど圧力を掛けなくても身体中に送り届けることができます。高血圧にはたいしたメリットなどないのです。むしろ重大な病気を引き起こしてしまうデメリットの方が大きいので改善が必要になるでしょう。