病気について

食事

高血圧になると動脈硬化を引き起こしてしまうリスクが高まります。動脈硬化を放置すると、脳卒中などの病気を発症させる危険性も高まってしまうのです。高血圧によってどのような危険にさらされるのか説明していきます。基本的に高血圧を放置していても、何も良いことはありません。すぐに生活習慣を改善して、病気のリスクを抑える必要があるでしょう。まず、血圧が高まると動脈硬化を引き起こしてしまいます。高い圧力に耐えるために血管が固くなり、しなやかさが失われてしまうのです。一般的に固くなると丈夫になるイメージを持つ方も多いと思いますが、血管の場合は固くなると柔軟性が損なわれるので破裂してしまうこともあります。脆く劣化した血管は、高い圧力に耐える事ができないのです。何かの拍子に血管が裂けてしまう恐れがあります。高血圧による動脈硬化は脳卒中を引き起こしてしまうリスクが高まるのです。脳卒中には脳梗塞や脳出血、クモ膜下出血などの種類があります。脳梗塞は血管が詰まり、血液が行き渡らない脳細胞が壊れてしまいます。脳出血は脳内の毛細血管が破れて血液が流れ出てしまうのです。脳を圧迫してしまいます。クモ膜下出血はクモ膜と脳の間に血液が流れ出てしまい、脳を圧迫するのです。脳卒中を発症すると、多くの場合は一名を取り留めても身体に麻痺などが残ります。右半身の感覚が麻痺し、日常生活に支障をきたすなどといった後遺症に悩まされてしまうのです。高血圧はこのような恐ろしい病気を引き起こしてしまう事を覚えておきましょう。