塩分を控える

和食

高血圧は生活習慣を改善することで予防することができます。一般的に食生活を改善するのが最も効果が高いとされているのです。どのように食生活を改善すれば良いのか学んでいきましょう。高血圧改善の為には、暴飲暴食を控えるのが大切です。ストレスが溜まると、暴飲暴食をしてしまう方も多いですが暴飲暴食は血圧を上昇させてしまう恐れがあります。特に、塩分の多い食事を取りすぎてしまうと、血圧が高くなってしまうのです。基本的に食事は腹八分目までに留めておくことが大切になるでしょう。ただ、暴飲暴食は良くないですが、高血圧対策には食事を控えるのも健康のためには良くありません。1日3食必ず食事を取るようにします。栄養バランスの取れた食事で、塩分を控えるのがポイントです。塩分を控えると薄味になってしまうことが多いですが、香辛料や出汁などで味付けを工夫することで食事を美味しく頂くことができます。また、間食を取りすぎるのも良くありません。間食を取る場合は、できるだけカロリーや塩分の低い食べ物を少量取るようにしましょう。ゼリーなどが適切です。また、最近では外食で食事を済ます方が多いですが、外食はどうしても塩分の量が多くなってしまいます。外食が多い方は、食事にどのくらいの塩分が含まれているのか調べてみましょう。また、外食での塩分摂取量が多くなってしまった場合は、自宅で食事を取る時に塩分を控えるようにすると高血圧を防げます。一般的に1日の塩分摂取量の目安が6グラム程なので、1日の摂取量を意識しながら食事を取るようにしましょう。